2011/12/30

Greatest Designer ; アルネ・ヤコブセン Arne Emil Jacobsen

アルネ・ヤコブセン(Arne Emil Jacobsen、1902年2月11日 - 1971年3月24日)はデンマークの建築家、 デザイナー。ユダヤ人であり、モダン様式の代表的な人物のひとりである。

彼の建築業績の中には、オックスフォードのセントキャサリン大学、マートン・カレッジでの仕事、ラディソンのロイヤルホテル、デンマーク銀行、多くの町役場、および他の建築物がある。 彼は多くの優れた椅子と他の家具を設計した。 また、国際的な賞も授与されている。 彼の家具デザインの多くがモダン様式の手本になっている。1952年からのアントチェア、スワンチェアとともにラディソンホテルで設計されたエッグチェアなどである。 彼の最も知られた作品は1955年のセブンチェアであり、500万本以上を販売している。 セブンチェアは、1963年ルイス・モーレイの有名なクリスティーン・キーラーのヌード写真において使用された。以降、セブンチェアは姿勢をデッサンする多くの肖像に使用されている。製造は発表当時から現在までフリッツ・ハンセン社が手がけている。 建築における理想を追求したデザイン、家具までも含めた一貫性と言う点においてミース・ファン・デル・ローエに影響を受けたと自ら語っている。 出展;Wikipedia


ベラヴィスタ集合住宅
1930年代、コペンハーゲンの北に位置するクランペンボーの海岸沿いのベルヴュー地区に、
レストランや劇場の隣接するリゾート型複合住宅を建設するコンペに当選し、
『ベラヴィスタ集合住宅』をはじめとする大規模リゾート計画を手がけた。


ラディソンSASロイヤルホテル
1956年に竣工したデンマーク国内初の高層ビルであるSASロイヤルホテル
(現・ラディソンブルーロイヤルホテル)では建物の設計からインテリアデザイン、 照明やドアノブ、食器類などの細部までを一貫して手がけた


アント・チェア
1952年 製薬会社ノボノルディスク社の社員食堂用の椅子としてデザインされた。


セブン・チェア
1955年発表 アルネ・ヤコブセンの代表作です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿