2012/01/16

ムンクの叫びがCG動画に!

Sebastian Cosor氏が大変面白い動画をアップされてたのでご紹介


ムンクの”叫び”はあまりにも有名ですが、何とCGアニメーションになっちゃってます。
『叫び』(さけび、ノルウェー語: Skrik、英語: The Scream)は、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1893年に制作した、彼の代名詞とも言える油彩絵画作品。ムンクは同年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同じ題名、同じ構図による作品を描いており、全4点の『叫び』が存在する。日本ではムンクの名と併せて「ムンクの『叫び』」と呼ばれることも多い。 幼少期に母親を亡くし、思春期に妹の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかった1890年代のムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作し、「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と称した作品群のうちの一作であり、『叫び』はその中でも最も有名な作品である。また、同題名、同構図の作品群『叫び』の中で世界的に最も著名なのは、最初に描かれた油彩の『叫び』であり、オスロ国立美術館が所蔵している。出展;Wikipedia




The Scream - 3:23

何ともシニカルな感じで良いですよね!


そしてこれだけでなくグスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』もCGになってます。



Adele Bloch-Bauer - 0:30
via Vimeo
何とも気品あふれる美しさですね
エドヴァール・ムンク (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ) 世界の名画 マグ ムンクSAN1977-B
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿