2012/09/20

iOS6のマップアプリが酷いので対策考えた


昨晩iOS6の配布が開始されました。今回はiPhoneは5に据え置いてiPadのみを
アップデートしてみました。

以前のOTAアップデートに関する記事→iOS5.1にiPhone・iPadをPC Freeでアップデートしてみた

前々からマップが酷い酷いとは言われていたので、試しに渋谷駅を見てみると・・・

Google提供のiOS5

今回から採用したApple独自のiOS6版 う〜ん


アメリカだけ(?)展開している3Dマップは格好良いし面白いぞ


やっぱりこのマップだと辛いな、てか経路調べると乗り換えアプリをApp Storeからお薦めされてしまう
始末
なので対策を考えてみました。

2012.9.24追記
これでホーム画面にブクマすると全画面表示できるようです。これが最善策かな?
iPhone 5やiOS 6端末でGoogleマップのWebアプリをフルスクリーン表示する方法(もとまか日記)

  • SafariでGoogle Mapにアクセスする(Google Mapをホーム画面に追加)
  • G-Whizzをマップ専用アプリとして使う
  • 地図マピオンをマップ専用アプリとして使う

Safariからブックマークをホーム画面に追加する方法は
iOS6で消えてなくなるGoogleMapを今まで通り使う方法(外部サイト;Naveまとめ)
をご覧頂く事として、今回はG-Whizz!をご紹介


こちらのアプリをダウンロードして、設定プライバシー(iOS5までは一般でしたね)→
位置情報サービス
からG-Whizz!オンにして下さい。(画像はiOS5の際の画像)


で、アプリを立ち上げて一番右下のMoreをタップしてMapをタップ


位置情報の取得を求められるのでOK


経路は標識のアイコンから調べられます


または場所確認の為の閲覧だけであれば地図マピオンをインストールして
使うのもアリかもしれませんね


最後に、今回からYoutubeのネイティブアプリが削除されています
のでご自身できちんとダウンロードしておきましょう。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿