2013/02/21

iPad miniで自炊した電子書籍を読む方法



最近、自炊に目覚めていますといってもCookingではなくて書籍を電子化する自炊です

本当はスキャナーはFUJITSU ScanSnapとか

PLUS 断裁機

やれば早いのでしょうが私はそこまでコスト掛けられない
非破壊(書籍を裁断しない)なので普通のスキャナで対応しています

どんな風にやっているかと申しますと私はMac OSX標準ビューワーの
プレビューを使って取り込んでいます


今までプレビューって殆ど使っていなかったのですが意外と使えますね。取り込んでからPDFで保存も出来ますし・・・



ただ、私の場合はスキャナーの性能も影響してるのでTIFFまたはJpegにして保存
それからPhotoshop自動処理→バッチで一括でシャープにしたり色調整を行ってからPDFで保存しています


全ページのPDFを統合した後はDropboxに保存して主に二つのiPadアプリで使用しています


電子書籍にメモを書いたりマーキングしたい書籍の場合

この場合はGoodNotesにDropboxからコピーして使っています

こうする事で電子書籍に直接書き込む事が出来ます。勉強なんかにはもってこいですね!



メモなどは書き込まず単純に本としてよみたい書籍の場合

この場合はi文庫HDを使っています

i文庫HDを使う理由はページをめくった時の気持ちよさなんですよね。これ抜群です


iPadを使っていたときはカフェなんかで座った状態でないと使わなかったのですが、
iPad miniを購入してからは電車内でも開くケースが増えました。
上記の方法で手持ちの書籍をどんどん電子化して通勤の楽しみにしたいと思っています
皆さんも参考にして自炊にチャレンジしてみて下さいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿