2013/03/21

大滝詠一&ナイアガラレーベル10作品が遂にiTunesで配信



遂に大滝詠一氏の作品とナイアガラレーベルの作品10作品がiTunesで購入できるようになりました。

ナイアガラレーベルについてご存じ無い方の為にちょっとご紹介
大滝が自身の1stソロ・アルバム『大瀧詠一』の原盤管理に関して、ベルウッド(キングレコード)に疑問を抱いたことが発端。同社ではマスターテープ以外のレコード製作過程のマルチテープの音源が廃棄され、未発表の原盤のほとんどが失われてしまっていた。大滝は自身の作成する原盤すべてを管理・保存することを目的に、1974年にザ・ナイアガラ・エンタープライズという会社を設立。パシフィック音楽出版(PMP、現フジパシフィック音楽出版)も出資し、PMPが制作費を出す代わりに原盤権を持つことになった[1]。

なお『大瀧詠一』の原盤は、マスターテープ以外はキングレコードには残されておらず、ボーナストラックに収録された楽曲は、大滝が個人的に所有していたものである(『大瀧詠一』ソニー再発盤の解説より)。

1975年4月にその会社から発売された初の作品が、シュガー・ベイブのシングル「DOWN TOWN」、およびアルバム『SONGS』である。大滝自身がナイアガラ・レーベルからアルバムを発売するのは、翌月の『NIAGARA MOON』が最初となる。引用;wikipedia


どんなアルバム・シングルが発売されたのかを紹介しますと・・・


私は嬉しくて全てポチってしまいました。。。
HMV ONLINE/エルパカBOOKS
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿