2014/03/11

WimaxとWimax2+の価格・キャンペーンで各社を比較

毎年3月は私の利用しているWimaxサービスの1年契約の更新月という事もあり、
乗り換えるか否か検討しておりますが、昨年からサービスインしたWimax2+も視野に入って
きたもので非常に悩ましいです。

そんな事もあってWimaxWimax 2+の違い2014年3月現在の主なプロバイダのプランについて比較してみましたので、皆さんが選択される際の一助になればと思います。

まずWimaxWimax 2+の違いについて説明しますとWimaxは下り最大速度40MbpsWimax 2+は下り最大速度110Mbps。この二つに携帯各社が行っている7GB/月の速度制限は行われません(Wimax 2+は契約月から25ヶ月までは)。

しかし、ここがメチャクチャ分かりにくいのですが、
現状ではWimax 2+にはノーリミットモードハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードの3つのモードが用意されており、ハイスピードプラスエリアモード(月額1,005円)を利用すると直近3日間での1GB以上の利用または月間7GB以上の利用に対し速度制限が行われるとの事。
この場合はノーリミットモードにすれば下り最大速度40MbpsのWimaxの通信が無制限で利用出来るとの事でした。



また、WimaxWimax 2+の違いは上記のスピード以外にも提供エリアの違いが挙げられます。
2014年3月現在のエリアは以下の通りで、当然人口密集地から徐々に拡げていくのでしょう。

また、auのスマホを利用中のユーザーでUQ Flatツープラスに加入するとau スマートバリュー mine(auスマートバリューとの併用は不可)が摘要され、auの携帯料金934円/月が割り引かれるというのは魅力的ですね。

Wimax1年縛りと違ってWimax 2+2年縛りですから住んでいる地域や活動するエリアが Wimax 2+のエリア内なのか、またauのスマホを使っているかが判断のポイントですね。


いよいよWimaxWimax 2+のプロバイダ別比較(全て税抜き)に移りたいと思います。

まずはBIGLOBEさんです。

サービス申込手数料・機器代月額契約解除キャンペーン
Wimax3,000円3,620円/月1年目は9,500円Kindle PaperwhiteまたはKindle Fire HDが貰える
Wimax 2+3,000円3,620円/月1年目は19,000円Kindle PaperwhiteまたはKindle Fire HDが貰える





2番目はniftyさん


サービス申込手数料・機器代月額契約解除キャンペーン
Wimax1円3,670円/月1年目は9,500円Nexus7(32GB 2012モデル)が貰える
Wimax 2+3001円3,670円/月1年目は19,000円Nexus7(32GB 2012モデル)が貰える





3番目はSo-netさん
サービス申込手数料・機器代月額契約解除キャンペーン
Wimax0円3,619円/月1年目は9,500円ソネットポイント30,000ポイント(30,000円分相当)プレゼント
Wimax 2+0円3,695円/月1年目は19,000円特になし





最後はGMO とくとくBBさんです。
サービス申込手数料・機器代月額契約解除キャンペーン
Wimax0円3,591円/月1年目は9,500円新型nexus7(16GB)が貰える
Wimax 2+0円3,619円/月1年目は19,000円12,500円キャッシュバック




私はauユーザーでiPhoneとiPad(Wi-fi専用)にノートPCを持ち歩くケースが多いので、Wimax 2+でキャッシュバックが付いていて月々のランニングコストも安く抑えられているGMO とくとくBBに決めました。

WimaxであればauポイントJAL/ANAマイレージにも移行できるSo-netのポイントプレゼントがおすすめですね!KindleとかNexus7とか欲しいタブレットがあればそのプロバイダを選択するのもアリだと思います。

申し込んだ後日談はこちら↓

GMOとくとくBBでWimax2+に乗り換えたのでレビュー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿